2012年3月25日 (日)

銀の馬車道 サイクリングツアー

001a
7:30 姫路駅東口において受付。自分たちは播但線で生野駅まで行き、MTBはトラックで生野駅まで運んでくれます。
004a
MTBを受け取ったあと、三菱マテリアル生野事業所まで移動。
雪がちらほら舞ってきました。ここがスタート地点となります。ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、ミニベロ、ママチャリなどいろんな種類の自転車の参加です。昼弁当、もちむぎ麺、おでんが各所で出るそうです。自分はおでんを楽しみにしています。

007a
11:20スタート。まずはゴール地点のおでんにつける生姜醤油の生姜を運ぶ自転車隊が出発します。次に速く走りたいグループから順にスタートします。自分たちは6グループの3グループ目でスタートしました。

008a
12:30 神河町あげは会館にて「銀の馬車道弁当」を食べます。
そのあと、ゆずジュースが出ました。

011a
14:00 福崎町もちむぎのやかたで「もちむぎ」を食す。

017a
ここで、もちむぎ麺、ラスク、かりんとうを買う。

1年ぶりのチャリ。。。
もうバテてます。お尻は痛い、太ももも何か変・・・。
スピードを上げようと頑張ってペダルを回すと足に力が入らなくなる。。こんなの初めて。。信号で赤になれと祈りながら走ってました。

012a
15:40 大手前公園でコーヒー。

014a
16:30 役所南の公園に着きました。ゴールです。

013a
楽しみにしてた お・で・ん 。

021a
市長、衆議院議員から労いのお言葉。

018a

正直、しんどかった。。。。。 

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

銀山まち回廊

とある所まで長距離ポタを決行します。超久々でもあり、この暑さでもあるので少々不安もあるのですが行っちゃいます。058a
ゲーリーフィッシャー マーリン号で8時過ぎに出発です。
と、いうのも、、、
060a
夏前にSONY nav-u NV-U35 を買っていたのも理由の一つ。迷わず行けるのはありがたや、ありがたや。

001a
北を目指します。意外と暑くなく、走っていると冷んやりしてます。一雨降るのでは?と思ったくらいです。

002a
途中、春日神社で休憩。
006a
この辺りまで来ると車の往来も少なく走りよいです。
713
夫婦杉の里。(ちょっと寄り道)
015a
のどかでいい感じ。
018a
朝来市に入りました。この標高360mの生野峠までがじんわりこたえます。これを越えると一気に下ります。
061a
3時間半ほどかかって生野駅に到着。063a
但馬と播磨の国境の基点として旅人の道標であった一理塚跡。
064a
生野書院前。生野鉱山関連の史料が展示されてるそうです。
ここから8つのお寺が連なっている寺町通りを抜け、ブラブラ。この地域は古い建物がたくさん残っているので、キョロキョロしてしまいます。時間がゆっくり過ぎていく感じの町並みで、すごく心地いいです。
024a
この辺りで太ももがピクピクしてきました。
033a
菊の御紋が入った門柱。

029a
ここで昼休憩します。
025a
レストラン マロニエでハヤシライスを注文。昭和30~40年代に鉱山住宅で食べられていたという名物メニューだそうですが、、これで800円はちょっと高ーーーーぃ!。
027a
生野銀山。ここが目的地ではないのです。

040a
心地いいです。
041a
!! ここが最終目的地のトロッコ遺跡です。これを見るがために来たんです。大正9年、鉱石や物資運搬に電気機関車が導入された時に建設されたもの。石積みのアーチ当時のままだそうです。
045a_2
さ、とっとと帰るとします。

714
いい感じ。
055a
太ももがピクピク、ピクピク・・・。
057a
山が高くて雲も白い。気持ちいいーー!
でも、家まであと2時間はかかる・・・。

16時20分頃、帰宅。約90kmの行程でした。右足ひざ下が日焼けでヒリヒリしてます。夏バテで体重が減ることなく、逆に増えていたくらいなのでいい運動になりました。たつのもいい町でしたが、生野もいい町、御津町も良かったなぁ。次はどこいこ。

Ikuno

| | コメント (1)

2009年1月 5日 (月)

初乗り

運動不足気味なのでチャリポタです。
A_002a 久々に近所の人懐っこい白い猫に会いました。
最近、見なかったのでどうしたのかと思ってました。
ひっくり返って寝そべりジャレてくるかわいい猫です。

A_009a 激坂を上り、小赤壁に到着です。穏やかな海です。
どうしてもこのお気に入りアングルになってしまいます。camera

A_018a ブラブラしながら帰りました。(ゲイリーフィッシャー マーリン)
走行距離30km。

                           (前日比)
体重     【73.8】kg (+0.3)
体脂肪率 【22.8】% (+0.8)
骨格率   【32.0】% (-0.3)
脂肪レベル 【11】    ( 0 )
BMI      【25.5】%   (+0.1)

| | コメント (1)

2008年8月 9日 (土)

8/09

昨夜も今朝の朝食も食い過ぎた感・・・身体が重い。。。
気持ちの良い海沿いを出来るだけ通って帰ろうと思いますが、リュックがズシリと重く気になる重量です。テキスト1冊増えただけでこうも違うか・・・ bearing

A_3471 大正4年、神戸の貿易商・呉錦堂が建てた別荘「移情閣」。

A_3521 舞子砲台跡

A_3541 瓦のかべ

13時から「市之郷廃寺」の発掘調査現地説明会があり寄ろう思っていたけど、早く帰って寝ころびたい気持ちの方が強くて行けなかったのがちょっと残念。

帰りは59km。行きより疲れ倍増の帰り道でした。

| | コメント (0)

2008年8月 8日 (金)

今日は

舞子ビラまで  bicycle dash

「姫路明石自転車道」で8:00に待ち合わせ、12:30会場受付を目指しスタートしました。一度、海岸沿いのサイクリングロードを走ってみたかったので楽しみにしていました。最初は新幹線高架下の殺風景であまり良いとは言えないガタガタ道。
早く景色のいい海沿いに出ないかな~

Eigasima 9:48 江井ヶ島。ここの名物?ヤシの木のある風景を撮るのを忘れてた・・・。

Road 10:06 小さく明石大橋が見えてきました。風があり、涼しく、海の香りもして気持ちがいいです。

Uonotana_2 10:29 魚の棚商店街で休憩です。明石と言えば・・・

A_3251 明石名物 玉子焼(明石焼)。
プリプリのアツアツのウマウマです。15個650円。

A_3271 『たこ磯』にて。
正面に左に後ろにと有名人のサインがたくさんありました。

A_3291 11:04 明石大橋が近づいてきました。

A_3351 11:23 大蔵海岸にて 冒険家堀江謙一氏が世界で初めて太平洋単独横断に成功した「MALT’S マーメイドⅡ号」 

A_3391 11:43 明石大橋の下で。

Aa ゴールを目前にカールおじさんもニッコリ。 (^▽^)ノ  
お菓子のカールの中にカールおじさん、ケロ太の形のカールが入ってるらしい。最近食べてないので久しぶりに食べたくなった。

A_3421 11:40 舞子ビラに無事到着。
思っていたより全然しんどくなく、快適な52kmだった。

A_3431 部屋からの夜景。

                           (前日比)
体重     【73.5】kg (+0.7) 昨日、食い過ぎたな・・・
体脂肪率 【20.8】% (-0.5)
骨格率   【33.2】% (+0.5)
脂肪レベル 【11】    ( 0 )
BMI      【25.4】%   (+0.2)

| | コメント (1)

2008年5月 4日 (日)

藤まつりへ

連休中にこんなにいい天気が続くと、自分の蒔いたヒマワリが心配で水をやりに学校まで・・・
Hima どんどん大きくなってます。

それから、気になっていた山崎町にある大歳神社の『千年藤』を見にMTBで向かいます。

7:56 途中、太陽公園向かいに建造中の白鳥城
Hakutyoucastle すごいものを造ろうとしてます。。

Taro 8:44 峠道に入る手前に太陽の塔に似てるなぁと思いきや、岡本太郎作のモニュメントがありました。愛らしくて可愛くて微笑ましい。噴水なのですが今は・・・残念ながら壊れていて水も溜まっていません。修理すればいいのに、もったいない・・・。

Touge 8:58 急坂はかなりしんどいけど、山の中を 鳥のさえずりを聴きながら自然の中を汗をかきつつ漕ぐのもおつなもんです。上りで汗をかき、下りで汗が引きます。瞬間速度60km/hを記録。

10:13 「藤まつり」着きました sign03
Tuita
Fuji1 結構、にぎわってます。
Fuji2 5月の連休中が見ごろだそうです。
Fujimusume 日本舞踊の作品でお馴染の『藤娘』をモチーフにした像。その日本舞踊の曲が流れていたのでしょうか。昭和にタイムスリップしたようなそんなノスタルジックな雰囲気が漂っていました。
Fuji4ほのかな香りが漂ってきます。でも前の小学校にあった藤棚のフジの香りの方が強かったように思います。
Fuji3_3 境内には4本の藤があり、それらで藤棚を形成しているそうです。『千年藤』と呼ばれるのは境内の中心にあるこの藤の大木です。
Fuji5
Fuji6 お見事でした。

4時間15分 73km。 
ちょいと疲れた・・・。腕が日焼けでヒリヒリするし・・・。

帰り際に献血車が止まっていたので、ついでに献血も・・・。
「疲れとかないですか」と聞かれたが「ないです」とキッパリ。。。検査結果の数値に変化が出てしまうかも danger
ま、いいや。

                           (前日比)
体重     【72.4】kg (+0.3)
体脂肪率 【21.1】% (+0.6)
骨格率   【32.8】% (-0.3)
脂肪レベル 【10】    ( 0 )
BMI      【25.1】%   (+0.2)
体年齢   【43】歳  (+ 1)

| | コメント (1)

2008年3月23日 (日)

ボトル

Botole1 「自転車人」からキャメルバックのボトルが届いた。こんなの送った覚えがない。。見るとWebアンケートに応募した人百人に当たるものらしい。忘れてた・・・。
MTB乗る時はいつもペットボトルを使ってるし、このボトルを使うとなるとドリンクを作ったり、入れ替えたり、洗ったりする作業が増える・・・。面倒くさがりの自分が使う時はあるのか・・・。

                           (前日比)
体重     【72.3】kg ( 0 )
体脂肪率 【21.2】% (-0.2)
骨格率   【32.8】% (+0.1)
脂肪レベル 【10】    ( 0 )
BMI      【25.0】%   ( 0 )
体年齢   【43】歳  ( 0 )

| | コメント (1)

2008年3月20日 (木)

Newアイテム

Handle MTBのハンドルバー、バーエンド、ステムを買っちゃた・・・。

Barend ・・・(;´Д`)ウウッ… 渋い、渋すぎる・・・(・∀・)ニヤニヤ

アルミのバーエンドは、さわるとヒンヤリ冷たいのがイヤだったので少々高いがカーボン製のバーエンドに決定。バーエンドがあるとハンドルバーだけでなく、持つ部分が増えて姿勢を変化させられるので長距離では疲れにくくなり、上り坂では引く力を利用してより力を入れやすく力強く漕げる効果があります。ちょっと憧れのパーツでした。

Stem2 それと前はハンドルの位置が少し遠いような気がしていたので、少し短めのステムに交換です。
そしてハンドルバーは少し曲がりのあるライザーバーからフラットバーに交換です。乗ってみると少し前傾気味になり、ガラッと乗り味が変わりました。

パーツを試したくて、先日の砥峰高原に行ったわけですな。

                           (前日比)
体重     【72.0】kg (-0.2)
体脂肪率 【21.1】% (+0.8)
骨格率   【32.8】% (-0.4)
脂肪レベル 【10】    ( 0 )
BMI      【24.9】%   (-0.1)
体年齢   【43】歳  (+ 1)

| | コメント (2)

2008年3月19日 (水)

砥峰へ ③

予想外の消耗に今後のドリンクが足りない予感・・・それに電池も欲しい。もうこの山奥まで来るとコンビニがあるのは期待も出来ない・・・。印刷した地図も持っては来てるが、これで大丈夫だろうかとちょっと不安になりながら、

どうしよっかなぁーーー と思いつつ、しんどい思いをして上ってきた道をアッという間に駆け下り、案内板の砥峰高原方面へと・・・自然と向かってる自分が好き。( ^▽^)

Kawakamisyo 川上小学校。

Shop 川上小を通り過ぎようとした時、右手に、、、店!!! 「村営ふれあいマーケット川上店」 うれしーーーい!電池と食べ物が手に入る!ニヤニヤしながら店に入り、電池を発見!おにぎりがとても食べたかったがなかったので、仕方なくパンを買った。気持ちもリフレッシュされ、砥峰高原に向かっていざ出発!  13:36

な、なんてことでしょう・・・。

Yukimiti えーー!!雪が残ってる。この先はいったいどうなってるのだろう。このままずっとこんな感じなのか?でも突き進みます!  13:52

Ato2km あと2kmだそうです・・・。┐(´д`)┌ ヤレヤレ 14:06

遠くでゴゴゴゴゴォーー と音が聞こえてきます。何の音?

すると上から道路管理の雪かきショベルを装備した車が下りてきました。あっ、さっきの店の前で見た車です。それならあの雪も取り除いて上に行って欲しかった。またしばらくして下から雪かきしながら上に行きました。

Car1 雪かきしています。 14:30

Tonomine 砥峰高原に着きました。このサイトに現在(3/18)の砥峰高原の様子がアップされてました・・・。当然ですが、全く同じではないですか・・・。 14:34 標高812m

Tonomine1 少し時期が早すぎました。4月5日の山焼きの日に合わせれば良かったかな。秋のススキの頃を一度見たいもんです。またチャレンジすっかな。次は車で。。。rvcar dash
さっきの道路管理の人がいたので、福知渓谷の方に行けるのか、峰山高原の方には抜けれるのか聞いた所、「福知渓谷の方は通行止めで行けないし、峰山高原の方はヒザまで雪がある。今から見に行くんや。さっき来た道を引き返すのが一番や」と言われました。

Σ(゚д゚lll)ガーン

仕方ないですね。でも半分良かったという気持ちもありました。もし、福知渓谷の方へ回れたとしても時間が足りないような気がします。ここはあきらめて引き返す事にしました。長谷の方までは下りで楽チンでしたが、そこから家までの30kmのしんどいこと、しんどいこと。8時間57分 106km。

                           (前日比)
体重     【72.2】kg (+1.0)
体脂肪率 【20.3】% (-1.7)
骨格率   【33.2】% (+0.9)
脂肪レベル 【10】    ( 0 )
BMI      【25.0】%   (+0.4)
体年齢   【42】歳  (- 1)

| | コメント (4)

2008年3月18日 (火)

砥峰へ ②

朝起きると、全身筋肉痛でカラダだる重ーーーぉ・・・。
この冬、何もしてなかったので身体がナマってたようです。

<昨日の続き>

Rest お腹が空いたのでパンを食べて休憩。
この坂はどこまで続くのやら・・・。 11:40

Hasedam 長谷ダム到着。 11:47

Hase1 水はあまり溜まってないですね。11:55

Hyosiki 左に曲がって太田ダムに行くか、真っ直ぐ砥峰高原に向かうか・・・。ここまで来たんだから。。 12:05 標高445m

近所の広峰山は2kmを10数分で上れるから、長谷ダムのまだ上にある太田ダムまで5kmだと40分もあれば着くのか?

Ota 想像以上にキツくかなり体力を消耗。しかも太田ダムに着いた所でGPSの電池が切れる・・・。でもイヤな予感がしていたので、今日に限って予備を持ってきている。我ながらさすがである。・・・・・、・・・・・・、・・・・ GPSは単4、持ってきてたのは単3乾電池。なんじゃごらぁーーー!!これから道に迷わず進めるのか?どうする、どうすんのよ、オレ? つづくーー  
13:01  標高818m

                           (前日比)
体重     【71.2】kg (-0.9)
体脂肪率 【22.0】% (+0.9)
骨格率   【32.3】% (-0.5)
脂肪レベル 【10】    ( 0 )
BMI      【24.6】%   (-0.4)
体年齢   【43】歳  ( 0 )

| | コメント (1)

より以前の記事一覧